• 温度調節計・プログラム温度調節計
  • 温度記録計・データロガー
  • サイリスタ・SSR
  • 燃焼制御機器(azbil)
  • 安全機器・センサー
  • メンテナンス機器・アクセサリ









燃焼機器リニューアル対応

機器選定から購入、設計、盤改造、現地工事まで、ワンストップサービスが可能。経験、実績が多数あります。



azbil 販売中止製品一覧




トップページへ

BC-Rシリーズについて



バーナコントローラBC-Rシリーズは JIS B 8407(強制通風式バーナ)に適合する機能やタイミングを実現。
さらに、表示機能やモニタ機能を充実した新しい燃焼安全制御器です。
規格対応と使いやすさを追求し、燃焼設備の安全構築に貢献します。
配線を接続するサブベース(別売)とBC-R本体の構成で、サブベースはDINレール取付により簡単に設置できます。
また、PCローダによる複雑な機能選択なしで、BC-R本体のみを現場で簡単に交換することが可能です。



国際規格に整合していくJIS規格への対応
JIS B 8407:2012(強制通風式バーナ)、およびJIS B 8415:2008(工業用燃焼炉の安全通則)に適合したプレパージ、点火タイミングを実現。燃焼装置、燃焼設備の安全構築実現に貢献します。

燃焼シーケンス、警報内容が“本体で見えます”
燃焼シーケンスを7セグメントに表示。また、DISPスイッチを押すとフレーム電圧も見えます。
警報時には、燃焼シーケンスとあわせて警報コードを7セグメント表示。警報内容が見えます。

バーナコントローラの“運転状態が一目で分かります”
モニタ出力で「不着火」、「断火」を区別して出力、簡単に警報状態が分かります。

試運転モードでバーナの“調整が簡単にできます”
強制的なモニタ出力が可能。制御パネルのランプ点灯確認や配線チェックが容易にできます。
制御モータの全開、全閉を強制出力し、高燃焼位置、低燃焼位置の調整や風量確認を行うことができます。(BC-R35のみ)






制御モータにより燃焼量調整を行うバーナに使用できます。
低燃焼位置まで燃焼量を絞って停止する低燃焼消化モデルを標準で用意しています。




バーナの運転、停止で必要な燃焼量の調整を行う設備で使用できます。




オイルバーナ専用のモデルで、プレイグニッションプレパージなどのオイルバーナ特有のシーケンスを必要とする設備で使用できます。




7セグメント表示:シーケンス/警報表示/フレーム電圧など
モニタ出力:不着火/断火/着火の簡単出力

接点リセット入力:制御パネル前面からのリセット可能
DINレール取付可能(全シリーズ、サブベース共有)




トップページへ

工業用燃焼炉の安全通則について



背景は? 位置付けは? 適用範囲は?

●リスクアセスメントによる安全手法がISO化され日本にも導入された
・ISO12100(基本概念、設計のための一般通則)
・JIS B 9700(機械類の安全性・設計のための基本概念)
・労安法改正(労働安全衛生法)

●欧米規格への整合
欧米EN746 米国NFPA86

●新技術への対応規格
高性能工業炉(リジェネティブバーナなど)への対応

●JIS B 9700-1機械類の安全性基本概念・一般原則で定義される装置規格(タイプC規格)

●ISOにも整合した規格体系に位置付けられています。

●気体、液体燃料で加熱される熱利用設備(工業用燃料炉など)

●冶金、金属加工プラント
●ガラス製造、セラミック、セメント製造プラントなど


 
項目 \ 規格 改正JIS B8415
(2008)
改正 日本ガス協会
(2009)
EN746-2(欧州)
(1997)
NFPA86(米国)
(2007)
工業用燃焼炉の安全通則 工業用ガス燃焼設備の安全技術指標 Industrial thermoprocessing equepment Part2.
Safety requirements for combustion and fuel handling system
Standard for Ovens and Furnaces
制御・操作回路 リスクアセスメントに基づく本質安全設計
(汎用PLCによるソフトウェアインターロックの禁止)
制御・操作回路はフェールセーフ・フールプルーフ化を図る
(汎用PLCだけで燃焼安全のインターロックの構築禁止)
リスクアセスメントに基づく本質安全設計
(EN292)
火災・爆発のリスクを最小とする設計要求
(安全防護措置のあるPLC使用を要求)
インターロック 安全遮断弁の保持回路に直列に設置 燃焼安全制御器や火炎監視リレーの主制御端子に直接接続しなければならない インターロック作動時に直ちに安全遮断を行うこと インターロック設定値が文書化されていること
直接接続すること
安全遮断弁の設置要求
(メインバーナ、パイロットバーナ)
2台直列に設置
(遮断1秒以内)
2台直列に設置
(遮断1秒以内)
2台直列に設置 2台直列に設置
24時間以上燃焼が継続する工業炉の火炎監視装置 *1 1日1回以上自己確認する 1日1回以上自己確認する 連続運転は、自己点検型または定期的なチェック 連続運転は、自己点検型または定期的なチェック
パイロット・メインバーナ火炎の個別監視 個別監視 個別監視 個別監視 個別監視
火炎監視装置における消炎応答時間 4秒以内
(消火安全時間:5秒以内)
4秒以内 *2
(遮断5秒以内)
3秒以内 4秒以内
炉内の過熱防止器の設置 制御用の温度調節計及びその温度検出器と共用してはならない 制御用の温度調節計及びその温度検出器と共用してはならない 制御用の温度調節計及びその温度検出器と共用してはならない 制御用の温度調節計とは共用せず

過昇温防止リミットは、温度表示および手動リセットが必要
スタートチェック時の疑火炎動作 安全遮断及びロックアウト スタート時にチェック要求 スタート時にチェック要求
燃焼空気圧の起動前チェック バーナ起動時、燃焼空気検出装置のチェックを行い、異常時はバーナを起動してはならない バーナ起動時、燃焼空気検出装置のチェックを行い、異常時はバーナの点火動作をしてはならない バーナ起動時、燃焼空気検出装置のチェックを行い、異常時はバーナを起動してはならない
プレパージ風量
(換気回数)
5倍以上 5倍以上 5回完全に実施 少なくとも4倍
プレパージ時の空気流量 最大時の50%以上 最大時の50%以上 最大時の25%以上 最大時の25%以上
点火時のバーナ燃焼量 強制低燃焼点火 低燃焼着火・消火
パイロットバーナ
点火タイミング
10秒以内 10秒以内 5秒以内:70kW以下
3秒以内:70kW超
15秒以内
メインバーナ
点火タイミング
5秒以内 5秒以内 5秒以内:70kW以下
3秒以内:70kW超
15秒以内
直接スパーク点火
(ダイレクト着火)
350kW以下 350kW以下

 58kW未満→5秒以内
117kW未満→3秒以内
350kW以下→2秒以内
350kW以下

70kW以下:5秒以内
70kW〜350kW:3秒以内
感震装置の設置 必要に応じて設置
(震度6以上)
必要に応じて設置
(震度6以上)
  *1: 火炎監視装置とは、火炎検出器及び燃焼安全制御器(バーナコントローラ)のこと
  *2: 他の規格により、消炎応答時間が指定されている場合は、それに従うこと


トップページへ

強制通風式バーナーのJISについて






強制通風式バーナーについて規定するJIS規格。
2010年に発行されたISO22967(ガズバーナ)とISO22968(油バーナ)をもとにして作成されたものですが、一分の内容は日本の実情に合わせて変更されています。

JIS B 8407-1 はガス燃料、JIS B 8407-2 は油燃料(粘度範囲:灯油、A重油)が対象で、次の 銑い料瓦討両魴錣鯔たすバーナのみに適用されます。
‖深鑪爐料置に使用される(装置特定用途ではない)
燃焼空気ファンを備えている
A翰什合または先混合バーナ
っ影箸稜馨銅爾房茲衂佞韻織轡鵐哀襯弌璽



 
項目 \ 規格 JIS B 8407-1:2012年
対象:ガスバーナ
ISO 22967(国際規格)
対象:ガスバーナ
JIS B 8407-2:2012年
対象:油バーナ
ISO 22967(国際規格)
対象:油バーナ
制御・操作回路 JIS C 9730-2-5およびバーナの運転モードに適合すること IEC60730-2-5およびバーナの運転モードに適合すること JIS C 9730-2-5およびバーナの運転モードに適合すること JIS C 9730-2-5およびバーナの運転モードに適合すること
インターロック メンテナンス時の停止ILK、ガス圧Hi/Lo、エア流量検知の設置要求あり メンテナンス時の停止ILK、ガス圧Hi/Lo、エア流量検知の設置要求あり メンテナンス時の停止ILK、エア流量検知の設置要求、装置によって油圧スイッチ設置要求あり メンテナンス時の停止ILK、エア流量検知の設置要求、装置によって油圧スイッチ設置要求あり
燃焼空気圧の起動前チェック バーナ起動時、燃焼空気検出装置のチェックを行い、異常時はバーナの起動を中止、またはロックアウト バーナ起動時、燃焼空気検出装置のチェックを行い、異常時はバーナの起動を中止、またはロックアウト バーナ起動時、燃焼空気検出装置のチェックを行い、異常時はバーナの起動を中止、またはロックアウト バーナ起動時、燃焼空気検出装置のチェックを行い、異常時はバーナの起動を中止、またはロックアウト
プレパージ風量(換気回数) 5倍以上 5倍以上 5倍以上 5倍以上(30kg/h以上)
プレパージ時の空気流量 最大時の50%以上 最大時の33%以上 最大時の30%以上 最大時の20%以上(30kg/h未満)
最大時の30%以上(30kg/h以上)
スタートチェック時の疑似炎動作 安全遮断および
ロックアウト
安全遮断および
ロックアウト
ロックアウトまたは
シーケンスを進ませない
ロックアウトまたは
シーケンスを進ませない
重複パイロット/連続パイロット方式 個別監視 個別監視 個別監視 個別監視
24時間以上燃焼が継続する火炎監視装置 バーナの運転モードに適合すること バーナの運転モードに適合すること バーナの運転モードに適合すること バーナの運転モードに適合すること
点火時のバーナ燃焼量 主バーナの最大入熱量熱と点火方式に依存 強制低燃焼点火 主バーナの最大入熱量熱と点火方式に依存 主バーナの最大入熱量熱と点火方式に依存
メインダイレクト点火 350kW以下 350kW以下(※日本のみ) 100kg/h以下(※全負荷) 100kg/h以下(※全負荷)
パイロットバーナ点火タイミング 5秒以内 120kW以下:5秒以内
120kW超:3秒以内
10秒以内 10秒以内
メンバーナ点火タイミング
(メインダイレクト点火)
70kW以下:5秒以内
70kW超:3秒以内
70kW以下:5秒以内
70kW超:3秒以内
30kg/h以下:10秒以内
30kg/h超:5秒以内
30kg/h以下:10秒以内
30kg/h超:5秒以内
火炎監視装置における消化応答時間

4秒以内
全停止時間:5秒以内

1秒または2秒以内
(※日本、アメリカは除く)
4秒以内
全停止時間:5秒以内
4秒以内
全停止時間:5秒以内
(※日本、アメリカのみ)
安全遮断弁の要求 2台直列に設置 2台直列に設置 2台直列に設置
※流量が30kg/hを超える場合
2台直列に設置
※流量が30kg/hを超える場合
遮断弁の閉止確認 手動ベント弁などによる定期的な内部漏れ点検。VTCは推奨

70超〜1200kW以下はCPI、POC、VPSによる。
1200kW超はVPS。ただし、日本ではいずれも推奨のみ

-



トップページへ
.

Your recent history

INFORMATION
送料について

10,000円以上で配送料無料

送料は地域ごとに異なります。下記をご参照ください。

北海道1,404円
青森、秋田、岩手1,080円
宮城、山形、福島972円
東京、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、
神奈川、 山梨、長野、新潟、富山、石川、
福井、静岡、愛知、 岐阜、三重、京都、
滋賀 、奈良、和歌山、大阪、兵庫
864円
岡山、広島、山口、鳥取、島根972円
香川、徳島、高知、愛媛、福岡、佐賀、
長崎、 熊本、大分、宮崎、鹿児島
1,080円
沖縄1,728円

ただし、お買い上げ金額に関わらず、一部の地域(沖縄 などの離島)は送料をご負担いただきますのでご注意ください。


お支払について

お支払い方法は代金引換、銀行振込、クレジットカード払を用意してございます。ご希望にあわせて、各種ご利用ください。

※代金引換手数料、銀行振込手数料は原則としてお客様負担にてお願いいたします。

  配送について

ご入金確認より2〜3営業日以内に発送いたします。
代金引換は電話連絡後とさせていただきます。
【時間帯指定】

返品・交換について

原則返品不可とさせていただきます。

不良品交換、誤品配送交換は当社負担とさせていただきます。

万一不良品等がございましたら、当店の在庫状況を確認のうえ、
新品、または同等品と交換させていただきます。
商品到着後5日以内にメールまたは電話でご連絡ください。それを過ぎますと返品交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承ください。

個人情報の保護について

当店はお客様から頂載した大切な個人情報保護の為に最大限の努力を惜しまない事をお約束いたします。
また、カード情報などはSSLにより暗号化して送信されます。ご安心してお買物下さい※但し、行政・司法機関などから法的な要請を受けた場合は、この限りではありません。

お問い合わせ

温度制御機器.net
【電話受付時間】
平日AM9:00〜PM5;00 土日祝日定休日
【FAXでのお問合せ】
052-823-0616
【メールでのお問い合わせ】
shop@ondoseigyo.shop-pro.jp
※FAX・メールでのお問合せは24時間受け付けております。




※こちらのサイトは株式会社セイクンが運営しております。

※年始年末は12月29日から1月6日までお休みです



MELSHOP


アズビル株式会社コンポクラブ


オムロン制御機器


株式会社チノー


株式会社シマデン


ヤフオク!


株式会社セイクン